クラシック雑文帳

活動内容や音楽雑文を書いていきたいと思います。

コンポーザー・ピアニストたちの世界 第2弾

告知をするにはまだまだ早い気がしますが、来年の演奏会の詳細を発表したいと思います。今回の演奏会で取り上げる楽曲は、アリスター・ヒントンやソフィー=カルメンエックハルト・グラマテ、ロナルド・スティーヴンソン、ロン・イェディディアの作品、そして自作曲です。あまりにも先過ぎて予定が分からない方が殆どかと思いますが、お時間がありましたら是非お越しください!ざっとぱっと曲目紹介を…。アリスター・ヒントンの「回想のヴォーカリーズ」、こちらの作曲家の名前、どこかでご覧になった方もいらっしゃるのではないのでしょうか?そう、あのソラブジ・アーカイブを管理人。この作品は、ソラブジと初演を行ったアメリカのピアニストであるドンナ・アマトに捧げられました。名前の如くヴォーカリーズ(ラフマニノフ作曲)が驚きの形に変容し、聴く者を飽きさせない趣向を凝らしたパラフレーズ。1988年、ソラブジ自身がラフマニノフの歌曲をベースにした作品を作りたいと言っていたそうですが、彼の死をもってその作品は構想で終わってしまいました。そのソラブジの構想からインスピレーションを得たヒントンによって1994年に書き上げられました。グラマテの「ピアノソナタ 第6番」、もともとは第1楽章(左手用)は1921年に書かれピアノ小品として扱われていました。しかし、1951年に某アメリカ人ピアニストから「左手の作品を書いたのだから右手の作品を書いてみたら?それに右手の作品は殆ど無いし…」との助言を受け第2楽章が作曲されることに。そして、それらを実験的に人前で弾いたところ、聴いていた1人が冗談で「その第1楽章と第2楽章を合体させてみては!?」と提案したそう(笑)。グラマテはそのアイデアに強く共感したそうですが、それら2曲を上手く合体させる手段を見つけることが出来ずに非常に苦労したと語っています。ですが、数日後には解決策を見つけることができ、それら別々の3つの作品が1つのソナタとして収められることになりました。続いては私の自作曲「ピアノのためのパッサカリア、普段から遊びで作曲をすることはありますが、私の悪い癖で殆どの作品は未完のまま放置…完成することは滅多にありません。今回のために、この1曲だけでも必ず完成させます。 そしてロナルド・スティーヴンソンの「アルカンの饗宴」、彼の友人の委嘱で作曲され、題名はアルカン作曲の「イソップの饗宴」から引用、アルカンの作品からインスピレーションを得えながらもオリジナル性の強い作品、世界初演マルク=アンドレ・アムランによって行われました。最後を飾るロン・イェディディアの「ピアノソナタ 第5番」は1992年から1993年にかけて作曲され、彼の友人であるマルク=アンドレ・アムランに献呈されたのでした。献呈者はこの作品を「モンスター」と形容し、24年経った今でも演奏されることもなく今回が世界初演となります。

今回の座席数は80席と前回の演奏会より多めではありますが、お早めにご予約を頂ければと思います。ではでは、改めましてよろしくお願いいたします。シェアをして頂けるととても嬉しいです。

Alistair, The Eckhardt-Gramatté Foundation, Ronald Stevenson Society, Ronn - thank you very much for your help and providing the photos!!!!

***プログラムと詳細 (Program and details)***
アリスター・ヒントン:回想のヴォーカリーズ 作品29 (日本初演
Alistair Hinton: Vocalise-Reminiscenza Op. 29

ソフィー=カルメンエックハルト=グラマテ:ピアノソナタ 第6番 (全楽章公開日本初演)
Sophie-Carmen Eckhardt-Gramatté: Piano Sonata No. 6

江崎昭汰:ピアノのためのパッサカリア (世界初演
Shota Ezaki: Passacaglia for piano

ロナルド・スティーヴンソン:アルカンの饗宴 (日本公開初演) 
Ronald Stevenson: Le festin d'Alkan

ロン・イェディディア:ピアノソナタ 第5番 (世界初演
Ronn Yedidia: Piano Sonata No. 5

2018年8月5日 (日曜日) [August 5th, 2018]
開場 12時15分 [Open at 12h45]
開演 12時45分 [Start at 12h45]

場所:紀尾井町サロンホール [Kioicho Salon Hall]
住所:東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル1F
チケット料金:3000円 全席自由 [3000 Japanese yen)
チケットのご予約方法:https://goo.gl/forms/B2jaChkidTdXUxOw2

f:id:sho_mus:20171014051822j:plain